ホーム

野球指導者ライセンス取得のメリット

経験と実力の証明

野球指導者ライセンスは野球指導の知識を持っていることを証明してくれます。もちろん、履歴書にも書くことができます。野球指導に関わる方々の運転免許のようなものです。これまでは野球指導の知識を証明してくれるものはありませんでしたが、今後は野球指導者ライセンス協会が野球指導者の資格を証明いたします。

キャリアアップ

野球の指導を新たに務める際に野球指導の技能の証明になります。 これまでは野球の指導をしたいと思っても、指導実績がないと受け入れてくれないことが多々ありました。しかし、指導実績をどうやって作れば良いのでしょうか?野球指導者ライセンス協会はそんな方々の悩みを解決します。また急遽、野球指導をしなくなった方も、野球指導者の資格を持っていることで、自信を持って指導することができるでしょう。
詳しくはこちら

技術・知識・ノウハウの修得

野球指導者ライセンスを取得する過程で体系的な野球指導の知識を得ることができます。知識のない方でも野球指導者ライセンス協会が全力で指導することで、知識を身に着けながら、野球指導力を向上させることができるでしょう。知識だけでなく、指導の姿勢やコツなどもサポートいたします。

資格紹介

C級指導者ライセンス(少年野球、リトルリーグ)

マタニティボックス

少年野球、リトルリーグの指導者資格です。野球の基礎的な指導知識を保証する資格です。野球のルールやチームワーク、野球の技術指導が試験の内容になります。第一に、C級ライセンスから受験される方が多いです。無料で受験できますので、お気軽に受験ください。

B級指導者ライセンス(中学軟式, 中学硬式)

中学軟式, 中学硬式野球の指導者の資格です。技術・戦術理論や練習プランニングなどの知識が問われます。中学生の野球の指導者は、より実践的な野球指導が必要になります。

A級指導者ライセンス(高校軟式, 高校硬式、大学軟式, 大学準硬式)

高校軟式, 高校硬式、大学軟式, 大学準硬式野球の資格を得ることができます。トレーニング科学や心理学の知識も問われます。A級ライセンスは実践的な指導に加えて、怪我の予防やコミュニケーションスキルの指導力も問われます。

資格取得者の声

20代男性の声

野球指導員になろうと思い、野球指導の資格を得ようと思いました。野球指導ライセンスの資格があったため、選考を進められました。やはり、資格があるのとないのでは選考に違いがありました。資格を保有していることの証明も行ってもらったので、信用を得られることができました。

40代男性

子供の少年野球のコーチに就任したのが受験のきっかけです。急遽コーチに就任したので不安だったので、野球指導者ライセンス試験を受験しました。短期間で資格を取得できたので良かったです。野球指導者ライセンスを持っているおかげで、子どもたちにも自信を持って指導できています。

70代男性


野球の指導が長年の夢でした。資格を取得したため、地元の少年野球のコーチに就任できました。また、自信を持って野球指導を行えるようになりました。子ども達に負けないように、今後も勉強していきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加