野球指導者ライセンス受験資格

野球指導者ライセンス試験の受験資格

野球指導者ライセンスには受験者の制限はありません。 どなたでも、何級からでも受験できます。

性別(男・女)や年齢(子供・大人・高齢者)、職業に問わず誰でも受験することができます。野球経験も問いません。しかし、試験は簡単ではありませんので、野球指導の知識を持っていないと合格できません。弊ホームページに野球指導者のためのヒントや知識を書いておりますので、そちらから勉強するといいでしょう。

おすすめ受験の順番

ご自身が指導したいレベルから受験すると良いでしょう。しかし、C級からA級に上がるに連れて難易度もあがりますので、多くの方はC級ライセンスから受験し、次にB級ライセンス、そしてA級ライセンスと順々に受験されています。自信を付けるためにも、まずはC級(少年野球レベル)からスタートしB級(中学野球)、A級(高校野球・大学野球)にレベルアップすると良いでしょう。それぞれに求められる役割は異なりますが、全て知っておいて損はないでしょう。

野球の知識を身に着けて自信を持って指導できるようにしましょう。

受験は↓から

C級野球指導者ライセンス(少年軟式, 少年硬式野球)を受験する

B級野球指導者ライセンスB級(中学軟式, 中学硬式野球)を受験する

A級野球指導者ライセンス試験(高校軟式, 高校硬式、大学軟式, 大学準硬式)を受験する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加