野球指導者ライセンスとは?

野球指導者ライセンスとは?

野球指導者ライセンスは野球指導に関する幅広い知識や技能を問う検定試験です。

野球指導の検定であなたの野球指導力を証明します。

野球指導ライセンス協会では1990年からこの『野球指導者検定』を実施しています。

すでに20年を超える実績を誇り、年々増加する志願者数は累計で5万人を超えました。 従来から「感性」だけによるものと見られがちであった「野球指導力」を理論的、系統的に学ぶことにより、誰もが「理論に裏付けられた色彩の実践的活用能力」を身につけることができるのです。

志願者は大学生からお年寄りまで幅広い年齢層に広がっています。

また、野球に関する学習は学校教育ではほとんど触れられることがありません。それが逆に「年齢、性別、学歴等に関係なく誰でも気軽に取り組める」「日常生活のちょっとした場面で活かす事ができ、楽しく学ぶことができる」といった評価につながり、生涯教育として受け入れられている理由でもあるようです。

『野球指導者ライセンス』にはその程度や難易度からS級・A級・B級・C級と4つの級があります。「ちょっと面白そうだな」と思った方は野球指導の勉強をはじめるチャンスかもしれません。まずは基礎のC級から色の世界を覗いてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加