応急手当

3.5 骨折・捻挫・打ち身(打撲)に対する手当

骨折 けがで手足が変形しているときは骨折の可能性が高いため、無理に元に戻そうとすることなく、そのままの状態で安静を保つ。移動後に受傷部位の強い痛みを訴えるときには、添え木や三角巾などを用いて、可能な限り動かないようにする …

3.5 骨折・捻挫・打ち身(打撲)に対する手当 もっと読む »

3.2 止血

直接圧迫止血法 大出血の場合には迅速かたう適切な止血ができないと命の危険がある。市民には出血部をガーゼや布などで直接に圧迫する方法(直接圧迫止血法)が推奨される。 まず、出血部位を確認したら、ガーゼやハンカチ、タオルなど …

3.2 止血 もっと読む »