応急手当 一覧

NO IMAGE

3.8 けいれん

けいれんの応急手当は ①発作中の怪我の予防 ②発作後の気道確保 ③119番通報 の3点が重要なポイントである。 ①...

記事を読む

NO IMAGE

3.7 毒ヘビ

毒ヘビに噛まれた場合 毒ヘビに手足を咬まれた場合、手足を動かすと毒の吸収が早まるため、咬まれた手足を安静に保ちつつ速やかに医療機関を受診す...

記事を読む

NO IMAGE

3.6 歯の損傷

歯茎からの出血 歯茎からの出血は丸めた綿やティッシュペーパーなどによる圧迫止血を試みる。 抜け落ちた場合 抜け落ちた時は歯茎に戻さずに...

記事を読む

NO IMAGE

3.5 骨折・捻挫・打ち身(打撲)に対する手当

骨折 けがで手足が変形しているときは骨折の可能性が高いため、無理に元に戻そうとすることなく、そのままの状態で安静を保つ。移動後に受傷部位の...

記事を読む

NO IMAGE

3.4 やけどに対する手当

やけど受傷後は、速やかに水道の流水で痛みが和らぐまで冷やす。冷却することで、痛みを和らげ、やけどの深さ、腫れ、感染、手術の必要性が低下する。...

記事を読む

NO IMAGE

3.3 傷口の手当

土や砂などで汚れた傷口を放置しておくと、化膿したりして、傷が治りにくくなることがある。 受傷後速やかに水道水など清潔な流水で、明らかな...

記事を読む

NO IMAGE

3.2 止血

直接圧迫止血法 大出血の場合には迅速かたう適切な止血ができないと命の危険がある。市民には出血部をガーゼや布などで直接に圧迫する方法(直接圧...

記事を読む