トレーニングや運動処方の原則 一覧

8.筋の短縮と伸長

8.筋の短縮と伸長

動的トレーニングは通常、短縮性収縮と伸張性収縮の二様の筋活動を伴う。 8.1短縮性収縮 筋が短縮しながら力を発揮する収縮で、短縮...

記事を読む

7. トレーニングの分類

7. トレーニングの分類

(1)静的トレーニングと動的トレーニング 外観上、身体の動きを伴わないトレーニングを静的トレーニングという。 これは筋収縮様式に基づ...

記事を読む

6.4 休息

6.4 休息

休息 高い強度のトレーニングを長時間行うようなスポーツ選手は有効なトレーニングを行うために十分な休息を取ることは当然である。 ま...

記事を読む

6.3 食事

6.3 食事

6.3 食事 トレーニングの効果を得るためには、適切な食事摂取が必要である。 スポーツ競技の競技成績を向上させるための食事指導は...

記事を読む

6.2 トレーナビリティー

6.2 トレーナビリティー

6.2 トレーナビリティー 同一のトレーニングを行っても、対象者の性、年齢、体力、運動の嗜好により、効果が異なる。このような対象者の特...

記事を読む

6.1デ・トレーニング

6.1デ・トレーニング

6.1 デ・トレーニング トレーニングを中止すると、トレーニングにより獲得された生理的反応が元に戻る。その影響は各組織により異なる。 ...

記事を読む

5.反復性の法則

5.反復性の法則

5.反復性の法則 身体活動や運動を行い、競技力向上に一定の効果が得られるには、身体活動、運動を規則的に一定の期間繰り返し行う必要がある...

記事を読む

4.意識性の法則

4.意識性の法則

4.意識性の法則 トレーニングは目的を明確にし、自覚を持って行う必要がある。これを意識性の法則という。このためには、指導者がそれらを確...

記事を読む

3.過負荷(overload)の法則

3.過負荷(overload)の法則

3.過負荷(overload)の法則 過負荷の法則とはトレーニングを行い機能が向上したら、さらに高い強度のトレーニングを行い、さらなる...

記事を読む

2.個別性の法則

2.個別性の法則

2.個別性の法則 トレーニングは対象者の性、年齢、体力、生活習慣、性格、運動の嗜好など、個人の特性を考慮し、個人の健康状態と体力レベル...

記事を読む

1 2