author 一覧

バッティング①バットを持つ手

バッティング①バットを持つ手

右打者 左手が下で、右手が上 左打者 右手が下で左手が上

記事を読む

野球指導者資格(ライセンス)の取得の方法

野球指導者資格(ライセンス)の取得の方法

1. 試験を受験する。 試験はインターネットに接続できる環境があれば、パソコンで受験できます。 以下のURLより、受験ください。...

記事を読む

NO IMAGE

3.5 骨折・捻挫・打ち身(打撲)に対する手当

骨折 けがで手足が変形しているときは骨折の可能性が高いため、無理に元に戻そうとすることなく、そのままの状態で安静を保つ。移動後に受傷部位の...

記事を読む

NO IMAGE

3.3 傷口の手当

土や砂などで汚れた傷口を放置しておくと、化膿したりして、傷が治りにくくなることがある。 受傷後速やかに水道水など清潔な流水で、明らかな異物...

記事を読む

NO IMAGE

3.2 止血

直接圧迫止血法 大出血の場合には迅速かたう適切な止血ができないと命の危険がある。市民には出血部をガーゼや布などで直接に圧迫する方法(直接圧迫...

記事を読む

NO IMAGE

3.1 応急手当 傷病者の体位と移動

応急手当とは、心肺停止を除いた一般的な傷病の悪化を回避することを目的として、市民により行われる最小限の手当である。応急手当が必要となる事態は...

記事を読む

NO IMAGE

2.一次救命処置

1.心肺蘇生の手順 a)反応の確認 肩をやさしく叩きながら大声で呼びかける。目を開ける、何らかの返答や目的のある仕草がなければ「...

記事を読む

NO IMAGE

1.救急蘇生法 救急蘇生法の手順

1.一次救命処置を行うまでの手順 a)安全の確認 倒れている傷病者を発見したら、まず周囲の状況をよく観察し、傷病者に安全に近づくことがで...

記事を読む

8.クーリングダウンの指導原則

8.クーリングダウンの指導原則

クーリングダウンの指導に際しても以下の原則を押さえ指導する必要がある。 ①主運動で多く発生する慢性障害を効果的に予防すること ...

記事を読む

NO IMAGE

7.ウォーミングアップとクーリングダウンの指導原則

ウォーミングアップの指導に際しては、以下の原則を押さえ、構造化され計画された運動を提案する必要がある。 ①主運動の特性を踏まえ、その効果が...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9