スポーツイベント開催時にすべき感染症対策について

新型コロナウイルスの感染拡大が世界的な問題となっています。

その中でも、徐々にスポーツイベントなどを再開する動きが見られるようになりました。

スポーツイベントを開催する際は、スポーツイベントの主催者、参加者、観客に対して感染症対策を徹底する必要があります。

とくにどんな点に注意すべきなのか、スポーツイベント開催前にチェックしておきましょう。

スポーツイベント参加者に協力を求める

スポーツイベントの主催者がどれほど感染症対策を徹底しても、参加者が徹底していなければ一気に感染者が拡大する恐れがあります。

まずはそのスポーツイベントに参加する上での感染症対策を徹底的に書き出し、リストにして、参加者に事前に配布しましょう。

このガイドラインに従うことを条件にスポーツイベントへの参加を許可すれば、共通の感染症対策を意識することができます。

体調不良者を参加させない、家族に体調不良者がいる場合は参加を中止する、マスクの着用を徹底する、こまめに手洗い、アルコール消毒をする、他の参加者やスタッフと2メートル以上の距離を確保する、大声での応援や指導はしないなど、スポーツイベントでできる感染症対策はたくさんあります。

当日の受付などの際の感染症対策を徹底する

当日の受付時にも感染症対策をしましょう。

受付付近にアルコール消毒液を設置し、必ず消毒を行ってもらいましょう。

参加者全員の検温をし、高熱がある人、体調がすぐれない人の参加は断ってください。

対面して受付を行う場合はビニールシートを設置し、スタッフもマスクを着用し、飛沫感染を防止してください。

インターネットでの事前登録などを導入し、受付の混雑を防ぐ、記入や現金の受け渡しによる接触を防ぐこともおすすめです。

そのような環境を導入できない場合は、当日だけでなく事前にも受付ができるようにしておきましょう。

参加者の体調チェックを徹底する

スポーツイベントの参加者には体調チェックを徹底してください。

事前に参加者全員の自明、年齢、住所や連絡先を把握しておくことも大切です。

その場合は個人情報の取り扱いに注意し、万が一感染者が出た際の連絡以外には利用しないようにしてください。

スポーツイベント当日の検温だけでなく、スポーツイベントまでの2週間以内に発熱した、体調不良者が家族にいる、咳やのどの痛み、嘔吐、下痢などの症状があるといった方の参加を拒否することも徹底しましょう。

客席数を減らす、受付時の混雑を防ぐ

スポーツイベントの参加者だけでなく観客にも感染症対策に協力してもらいましょう。

まず客席ですが、1席以上間隔をあけて着席するようにしてください。

客席に着席しない旨の張り紙をしておくことをおすすめします。

また、大声での声援も飛沫感染の可能性を高めてしまいます。

応援時はマスクを着用し、声援も控えるように徹底してください。

トイレは感染リスクが高い場所です。

アルコール消毒液を設置し、こまめに消毒をしてもらいましょう。

観客に飲食物を提供する場合はアルコール消毒をしてから、必ず着席して飲食してもらうようにしてください。

場合によっては飲食物の提供を中止することも検討しましょう。

安全にスポーツイベントを開催するために

スポーツイベントを開催する際に注意したい感染症対策について紹介いたしました。

スポーツイベントの感染症対策は、スポーツイベントの主催者だけでなく、参加者、観客全員が協力しなければ成立しません。

ガイドラインを作成し、すべての人が同じ基準で感染症対策ができるようにしましょう。

ガイドラインに従わない参加者は失格とする、観客には退場してもらうなどの徹底した対応も考えておきましょう。

以上、スポーツイベント開催時にすべき感染症対策についてでした。