【野球】自信を持って打席に立つ方法

自信を持ってバッターボックスに立つ場合と自信がない場合では、結果は変わってきます。ここでは自信を持って打席に立つ技術やコツについてご紹介します。

ステップ1. 良いことを思い出し、悪いことを忘れる

選手がバッターボックスに立つ前には良いことを思い出させ、悪いことを忘れさせます。そうすることで選手の自信が構築することができます。これが、良かった打席について思い出す必要がある理由です。成功したケースを思い出すことは、選手が自信を持つための素晴らしいツールです。

逆に、悪かった打席は選手が忘れるようにすることを奨励する必要があります。

ステップ2. 胸を張って歩く

自信は、選手がコントロールできるものです。選手に自信を感じさせる最良の方法の1つは、胸を張って歩くことです。良い姿勢は自信を高めることができることが科学的に証明されています。選手は歩くために自信を持つことが可能になります。

ステップ3.ルーチンを持つ

メジャーリーガーやプロ野球選手はバッターボックスに入るたびに同じ儀式を持っています。これを行うには理由があります、それは自信を構築し、気持ちを整えるためです。

ルーティンとはバッターボックスに入るために一定の決まった動作を行うことです。これを行うことで精神を一定に保つことができ、大きな舞台でも平常心を保つことができます。普段の練習からルーティンを付け、日常的な動作にしていきましょう。

ステップ4. 成功を視覚化する

最後は、野球場以外でも、いつでもできます。空き時間に肯定的な結果を視覚化します。たとえば、脳内で「想像上のホームラン」をイメージするようなことです。

これが意味することは、脳は筋肉をだますことができることです。打席の前にベンチに座って、ホームランやヒットを打つイメージを持つことで自信を身につけることができます。子どもたちに成功イメージを持つことの大切さを教えてあげましょう。

最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です