盗塁のコツをご紹介します

この記事ではコーチや親が子供たちに盗塁する方法を教えるのを助けるための記事です。盗塁するためのコツや精神も持ち方などを教えるのに役にたちます。

1.盗塁に自信を持つ

選手たちに盗塁の自信があれば、盗塁が成功する可能性はかなり高くなります。したがって、より選手に盗塁をしてほしいと望んでいるのであれば、選手に盗塁の自信を持つこと伝えましょう。そして、試合前に1塁もしくは2塁に到着したら、盗塁を試みても良いことを事前に伝えておいてもいいでしょう。大事な試合でいきない盗塁することは難しいので、練習試合で積極的に盗塁を試みましょう。

2. 適切なリードをとる

盗塁をする際だけ、通常よりも大きなリードを獲得するのは良いことではありません。理想的なリードの長さは以下の通りです、

長さ– リードは、高校生・大学生のレベルで1塁で3m~3.5m、2塁で4~5mでなければなりません。少年野球は必要に応じて調節してください。

繰り返しますが、盗塁をする際に、通常のリードの幅と変化を付けてはいけません。

3.正しい考えを身につける

盗塁を試みる前からピッチャーを観察することが大事です。常にピッチャーの癖などを見ておきましょう。 

また、リードをとったあとは体重を中央に配置しましょう。それは盗塁をするときもしないときも同じ位置にしましょう。またリード幅は右利きの投手と左利きの投手で異なるはずです。それらについても、指導しましょう。

右投手の場合の盗塁(2塁への盗塁)

ピッチャーが右利きの場合は、足に焦点を合わせる必要があります。彼の右足が動いた場合、牽制をするので、帰塁する必要があります。 

もしピッチャーの左足が動いたら–スタートです–分かります、簡単です!

左投手の場合の盗塁(2塁への盗塁)

ピッチャーの下半身全体に焦点を当てる必要があります。ピッチャーの左足が後ろに引いたら、ベースに戻ります。ピッチャーが彼の右足を持ち上げ左足とクロスした場合スタートです。

4.盗塁時の足の配置

盗塁をするとき、右足は大事です。最良の方法は、右足の指を左足の真ん中に合わせることです。(左足を少し前に出す)これにより、腰が少し開きます。

腰を配置したら、足を配置します。あなたの右足は二ndに向かって45度開いている必要があります。 

5.盗塁の練習

盗塁時の最初のステップは非常に重要です。盗塁は100メートルのスプリントのダッシュをする必要はなく、約5ステップのスプリントで十分です。

6. 3歩目にバッターを確認

盗塁をした際、3ステップ目に、打者がボールを打つかどうかを確認する必要があります。 

打者が空振りした場合や、スイングしない場合、ランナーは2塁に向かって走り​​続けます。 

バッターがゴロを打った場合も走り続けます。

バッターがライナーのボールを打った場合も、進み続けます(戻っても十分な時間がない場合)。

バッターがフライを打った場合、ランナーは一時停止し、打球の判断をします。フライが取られそうであれば、一塁に帰塁します。

バッターがヒットを打った場合、あなたは少し膨らんで走り、3塁ベースコーチの指示に従います。

7.スライディング

スライディングは足からのスライディングとヘッドスライディングがあります。ヘッドスライディングは速いですが、危険ですのでできる限り足からスライディングするように伝えましょう。

最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です