少年野球のコーチのための10のヒント

この記事では少年野球の監督・コーチのための10のヒントをご紹介します。

1. 感情の起伏を減らす

プロの監督・コーチは試合中、感情を表に出すことは少ないです。それは野球に集中し続ける力の重要性を認識しているからです。監督・コーチ自身が一貫性を身に付け、試合に集中することができれば、プレーヤーのプレーは向上します。ですので、コーチは感情の起伏を減らして、喜ぶ悲しむなどの感情に一定の設定をする必要があります。さらに、選手は監督の表情を見てプレーすることが減ります。これは非常にいい効果があります。選手のメンタル的にも向上するでしょう。

2. 楽しむこと

私がこれまであった中で最高のコーチは、チームメイトと同じくらい野球を楽しんでいました。良いコーチは友好的であり、友好的な監督コーチがベンチにいることで、これよりもさらに野球を楽しきさせます。選手と冗談を言ったり、面白がったりすることを恐れないでください。子供は、そのようなものが好きです。ダッグアウトで楽しく過ごし、球場で楽しく過ごす方法を子供たちに見せましょう。

3. プレッシャーの対処方法を教える

トップアスリートはプレッシャーの下でも素晴らしいプレーをします。そしてプレッシャーがかかる場面でも楽しんでいます!プレッシャーのかかる場面でいいプレーをするためには練習からプレッシャーをかけて練習する必要があります。そして、プレッシャーが掛かる状況でも落ち着いて集中する方法をプレイヤーに教えましょう。これは野球だけでなく、今後の人生にも効いてくるでしょう。

4. 逆境の対象方法を教える

優れたコーチは、逆境が発生した場合の対処方法をプレイヤーに教えます。あなたが経験した逆境を選手に伝えることは選手にとって非常に貴重な経験になります。しかし、選手を恐れさせすぎても逆効果なので、適切なタイミングでアドバイスを提供します。

5. 親しみやすくなろう

話しやすさは優れたコーチの一つの条件です。コーチが普段から怒鳴り、士気を低下させることは昔は良しとされていましたが、現在ではよくありません。最高のコーチは、賢く、一貫性があり、強く、親しみやすい人です。子供たちには心配事があれば、いつでも相談に来ていいと伝えてください。これは問題が表面化する前に解決することができるので、選手の両親が怒る可能性をへらすことに繋がります。

6.野球の試合を観て学びましょう

コーチは選手よりも野球に詳しくならなければなりません。これは試合運びを有利にするだけでなく、選手からの信頼と尊敬を得ることができます。単に自分の高校時代を自慢し、高校以来、野球のことを学んでいないコーチにならないでください。あなたが良い教師になり続けるのです。

7. 1つのことを考えるように教える

若いプレイヤーは野球の試合中に気を散らす事があります。試合中は余計なことを考えないように伝えることが重要ですが、集中しろといっても集中できるものではありません。そこで、集中する単語を用意することをおすすめします。例えばバッターボックスでは、「頭の位置をずらさない」、または「ボールに集中する」などの指示を与えるといいでしょう。

以上、少年野球のコーチのための10のヒントをご紹介しました。

最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です