一塁手の基本動作

優れた一塁手になるために必要なこと

優れた一塁手になるためには、優れたキャッチング技術を身につけていなければなりません。それは、一塁手に投げられたほとんどのボールが捕まえることができるものです。このポジションでは足の速さは重要ではありませんが、打球への反応は十分な速さでなければなりません。また勇気も非常に有用な特性です。なぜなら、多くの場合、プレーヤーはベースに足を載せたまま、困難なキャッチを行いながら足を伸ばさなければならないからです。

コーチはしばしば一塁手に背の高い、左利きのプレーヤーを任命しようとします。それには正当な理由があります。一塁手に背の高さが重要なのは次の理由です。背が高いほどリーチが長くなるため、取り逃すボールが少なくなります。左利きは、まったく同じ理由で優先されます。左利きの方が動かせる長さがわずかに長いため、クローズプレイに関しては、年に2、3回分アウトにできる可能性が高くなります。

一塁手の基本動作

一塁手にボールが飛んでいる場合、他の野手と同様にキャッチを試みます。しかし、一塁手はベースに近いため、取り逃がさないようにプレーするべきです。その方がアウトになる可能性が高くなります。

一塁手の応用動作

一塁手は頭のいい人でなければなりません。

一塁手がベースから遠く離れた位置でゴロをキャッチした場合、自分でベースに付くかセカンドまたはピッチャーに投げるのかを決める必要があります。その判断は一塁手に任せられています。

また、バントが発生した場合、一塁手は前進(チャージ)をするかどうかを決定します。また打者がバットを引き戻した場合、前進(チャージ)を止める必要があります。そのため打者の動きに常に注意する必要があります。

ボールが外野に到達した場合、一塁手は外野手からの返球に注意する必要があります。外野手からの返球がそれた場合に備えてバックアップをとる必要があります。またランダウンプレーに備えて、ベースカバーの備えも必要です。優先順位は、レフトからのスローをバックアップすることです。

最後に

優れた一塁手がいると、安定してアウトを取ることができます。一塁手は優れたキャッチング技術だけでなく、判断力も必要なポジションです。ですので、一般的なイメージと違って高い守備力が要求されるポジションです。

最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です