遊撃手(ショート)の基本動作

この記事では遊撃手(ショートストップ)の基本動作についてご紹介します。遊撃手はチームで最高の選手であり、自分がやりたいことをさせようとすることがよくあります。しかし、上手な選手とスター選手として扱うコーチングは、チーム全体にとって非常に悪い習慣です。そしてショートの選手の成長にとっても悪い影響がでます。そうならないためには、監督・コーチがショートの基本動作について正しく理解する必要があります。

遊撃手(ショート)に向いている人

遊撃手は機動性があり、彼の足で素早くなければなりません。スピードは絶対的な要件ではありませんが、速いほど、より多くの守備範囲を持つことができます。内野手の中では、遊撃手が最もスピードを必要としています。また遊撃手は強肩である必要があります。ショートストップは守備位置の奥から一塁に投げることがあります。したがって、内野手の中で遠くの距離を投げるため肩の強さは大きな要件です。何よりも、遊撃手は、ディフェンスのキャプテンであるため、自ら決断を下し、自分の頭で考えることができなければなりません。

ショートの基本動作

どんな打球が飛んできても、最初のステップはボールに向かってください。そして徐々にショートの動きはボールまたはベースに向けて運びます。

内野の右側が遊撃手の責任守備位置です。セカンドベースと三塁線の間に当たる範囲はすべてショートの責任です。ショートがボールに到達できる場合、彼は常にボールを追いかける必要があります。ボールが三塁手に当たって跳ね返った場合、プレーをバックアップするのがショートの仕事です。ボールが外野に飛んでいった場合、カットオフマンとして行動する必要があります。

また、二塁手と遊撃手はセカンドベースにどちらが入るか常にコミュニケーションする必要があります。事前にもベースにどちらが入るか明確に理解することが重要です!

ショートの高度なプレー

ランナー一塁で1アウトか0アウトの場合、最優先事項は常にダブルプレイを試みることです。ベースの近くにボールが飛んだ場合、プレーヤーはベースを自分で踏むか、下手投げでセカンドまで投げるかを決定する必要があります。しかし、セカンドに投げてもアウトにするチャンスがないと思った場合は初めから一塁に投げます。

バントが発生した場合、三塁手がボールをチャージし、三塁ベースが空いたままになります。ショートストップは三塁ベースに移動してバックアップする必要があります。二塁手も同様に二塁ベースをカバーするようにシフトします。

ランナーが二塁に盗塁する場合、遊撃手と二塁手がセカンドベースに入ります。通常、遊撃手はベースをカバーします。その場合、二塁手はショートの後ろにかまえてバックアップする。ただし、(何らかの理由で)遊撃手がうまくいかない場合、セカンドが二塁ベースに入る必要があります。

ショートストップは絶対に不可欠であり、あなたのチームで最高の守備プレイヤーによって埋められるべきです。それでも、遊撃手は彼の役割を知っていて、そのフレームワーク内でプレイする必要があります。

最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です