濡れた野球ボールを復元する方法

雨の中で野球ボール(硬球)を残した場合、ボールは濡れるだけでなく、重くなります。一度濡れてしまったボールは本来の動きをせず、守備練習や実践練習に使うことができなくなります。

多くのコーチは、雨で濡れたボールを捨てるかティーバティングに使うかします。しかし、硬球は効果であり高品質の革のボールは1000円程度かかります。またはそれ以上になります。非常にもったいないことですので、本記事では濡れたボールをもとに戻す方法をご紹介します。

濡れたボールをもとに戻すにはオーブンを使います

オーブンを180度以下の高さまで加熱し、ボールを4〜5時間焼きます。これによって、ボールが損傷する心配はありません。元々、野球ボールは熱い環境で使えるように、作られています。

野球が数日または数週間外に放置されている場合、十分な水分を焼き出して再び使用できるようになるまで、オーブンを数回する必要があります。

このようにして、雨でダメになったボールをもとに戻すことができます。野球ボールを大切に使うことで節約もできます。

最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です