効率的に野球の練習を実行する方法

多くのチームでは、達成するべき目標はたくさんがあるが、選手は予想よりも遅く動くため練習時間が足りないことが多くおこります。練習を効果的にするには、コーチは量ではなく質に焦点を当てる必要があります。チームは、各プレーヤーが間違った方法で20回練習するよりも、10回正しく動きを練習する方がはるかに良いでしょう。この記事ではスムーズな練習を行うガイドラインを作成しましたので、この記事をヒントにして練習を計画すると良いでしょう。

1. ドリル練習を循環させる

最も効率的な練習の一つとしてドリルの練習を回転させることが挙げられます。このアプローチでは、コーチはフィールド全体にさまざまなステーションを設置し、プレーヤーは特定のスキル練習に取り組みます。プレイヤーはいくつかのグループに分割されます。グループがステーションに来るたびに複雑なドリルを説明すると、多くの時間を消費してしまいます。そのため、選手たちを集めて1度にどのようなドリル練習をするか説明しておくと良いでしょう。中には、ドリル練習の内容を忘れる選手もいるので、責任感のある選手をグループに1人配置しておきましょう。

2.ヘルプが重要

この方法を成功させるには、各ステーションを監督するアシスタントまたは両親がいることが非常に重要です。これらのヘルパーは、ドリルを理解し、プレーヤーがそれらを正しく実行していることを確認する必要があります。
不適切なフォームであれば、どのように見えるかを伝えて、必要に応じて選手を修正できるようにする必要があります。プレーヤーがウォームアップしている間に、監督する各ドリルのヘルパーに簡単に説明します。理想的には、コーチがすべてのステーションで観察できるように、十分なヘルパーが利用できるようにします。

3.時間を見る

練習を開始する前に、コーチは選手が各ステーションでどれだけの時間を費やすべきかを知っている必要があります。ただし、場合によってはもっと時間がかかることもあります。若い選手をコーチするときは柔軟であることは重要ですので、臨機応変に対応していきましょう。
選手がスキルを正しく練習できることが重要であることを覚えておく必要があります。プレイヤーがステーションからステーションへと移動していることを確認しましょう。

4. 楽しく練習する

最後に、コーチは練習を楽しくすることに集中する必要があります。定期的な訓練に加えて、いくつかのステーションは、プレイヤーがチームメイトと競いながらスキルを磨くゲームでなければなりません。若いプレーヤーは、ドリルと同じくらい試合から多くを学ぶことができます。そして、彼らはしばしば競争力があるとき、より熱心に働きます。さらに、練習を楽しんでいると、ゲームへの愛情が植え付けられ、プレイヤーが次の練習を楽しみにします。

最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です