少年野球にコーチになった人のためのヒント

人生でコーチになった事がない人や指導したことがない人で、コーチに任命された人のための記事です。まず、そんなあなたに使えたいことは、大事なことはリラックスすることです。あなたコーチになれたという事実はあなたが選手や選手の親に求められたということです。この記事では特定のドリルや練習方法に集中するのではなく、経験から生まれた概念やその他のヒントに焦点を当てます。

あなたが初めに行うことはチームの選手の親の全員に電話をかけ自己紹介をすることです。そして、数日以内に、練習時間に似た時間帯にチーム会議を開くことです。プレーヤーや選手の親と話すことは素晴らしいアイデアです。電話でコーチと2分間話すことは、プレーヤーの熱意を燃やします。

最初の会議で、みんなに自己紹介をしてください。シーズンの期待と一般的なルールを5〜10分説明すること良いでしょう。

おすすめのチームのルール

チームの練習をする前に、次を明確にするべきです。下に書かれていることは推奨しているチームのルールです。

1.選手は全ての練習に参加する

選手は、病気であるか、別の正当な理由(学校のイベント、病気など)がない限り、すべての練習に参加する必要があります。チームはシーズンを通じて非常に多くの練習をする必要があります。ですので、大切でない練習はありません。

2.プレーヤーはコーチや選手同士で尊重し合う

選手はコーチングスタッフ、審判員、および選手を互いを尊重する必要があります。悪い態度をとることは容認されません。例えば、悪い態度とは、暴言、暴力などの行動を示します。これら悪い態度をすると腕立て伏せや試合に出さないことを明確に説明しましょう。そしてコーチ自身もこのルールを守りましょう。これを行うことでプレイヤーから尊敬され、幸せなチームを作り、若い人に貴重な人生の教訓を教えることができます。

3.フィールドでは油断しない

フィールドに足を踏み入れると、選手は注意を払う必要があります。野球はボールを使う危険なスポーツであることを選手たちに伝え、油断することがないように選手たちに伝えましょう。

4.楽しむこととふざけることは違うことを伝える

プレーヤーは常に最善の努力をすることが期待されます。彼らがベストを尽くす限り、ミスは許容できることを伝えてください。野球は楽しいスポーツですが、遊びではありません。誰かがふざけている場合、彼らはチームの全員を傷つけます。チームが子供で構成されていることは誰もが理解していますが、だからといって子供たちが期待から解放されるわけではありません。彼らが自分たちの役割を果たし、ゲームと実践に努力することを期待する必要があります。

5.選手の親と自由に話し合う

コーチは選手の親と十分に話しあるべきです。話しあうのは練習後、試合後、または自宅への電話、ラインなどです。練習中に選手の親と対立することはありません!

両親からの質問対策

両親への自己紹介ではチームに参加できてうれしいこと。試合に勝つ目標があること、トーナメントには負ける可能性があることを伝えます。しかし野球を指導することに多くの楽しみがあり、野球を学んでいることを伝えましょう。

選手の両親からこれまでにプレイしたことがあるか?と質問されますが、あまり気にしなくても大丈夫です。この問題は指導について能力を見せたり、両親とコミュニケーションをとって行くことで解決します。実際、選手の両親は最初の練習を見てスキルと能力を評価します。

選手の両親とのコミュニケーションを過小評価しないでください。シーズン中には、選手の練習時間を知らせたり、練習の飲み物を準備したり、食事会を設定したりと選手の両親に頼る機会が多くあります。これらはチームの士気を保つために非常に貴重です。

最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です