親が子供を指導する時の注意点と対策【5点】

子どもたちをコーチする難しさ

子供たちをコーチングする親は多くの楽しみと難しさがあります。子どもたちをうまく指導できれば、それらの日々は多くの記憶の残る思い出になるでしょう。

この記事では一般的な野球子育て親子の問題と対処方法についてご紹介します。野球をしていた親やネットや本などで野球の知識を得ている親が子供に知識を伝えようとすると、親と子供の間で緊張がはしります。それは親子の関係から野球の指導者とプレイヤーとの関係を含むようになるからです。

野球選手の親であることは容易ではありません。何よりもまず、野球の成功は非常にとらえどころのないものだからです。さらに野球は人気スポーツであり、技術的にも発達しています。さらに子供たちが野球をするためのコスト(お金・時間)がはるかに高いためです。

子供たちの側では、彼らは成功するためにはるかに多くのプレッシャーを感じます。それによって、親子の関係に傷が入ることもあります。

上記は、ほとんどの親/選手の関係に適用されます。親が子供のチームのコーチや監督である場合、その傾向が高くなります。子供たちは野球をプレーするというプレッシャーだけでなく、チームの他のプレイヤーよりも厳しい扱いをしている親コーチに対処しなければならないからです。(親がチームのコーチする場合に子供に厳しき接しがちになってしまうことから)

このような問題を親が問題視しない場合、、親子関係がこじれる場合がたくさんあります。

以下の提案のいくつかを使用することで、親は自分の子供の野球のプレーを楽しい経験にする機会が与えられます。

子供たちをコーチングする親のための注意点と対策 

懸念事項1. 子供にもっと野球を練習してもらいたい

野球は一人で簡単に練習できるスポーツではありません。まずはそのことを理解することが重要です。子供にもっと野球を練習してもらいたい親は↓の解決策を実行するといいでしょう。

解決方法1. もっと子供に練習してもらいたい

  1. 練習相手をする申し出を子供にしましょう
  2. 忙しくて練習相手をできない場合は子供のための個人指導コーチを見つけるか野球友達を見つける手伝いをしましょう
  3. 積極的で忍耐強い態度と、子供に強制的に練習させない態度が必要です。子供が練習したくないと思えば、強制的に練習させることはやめましょう。
  4. 一度に多くの技術情報を伝えないでください。一度の指導では1つだけ伝えましょう。いくつもの情報を伝えると子供は困惑します。また、子供が快適で興味を持ち始めるまで、何も指示することなく子供と一緒に練習しましょう。
  5. 基本を楽しくしてください。

懸念事項2. 子供が親の意見に耳を傾けない

親は上記の解決方法提案を試してみるべきです。また、感情的にではなく、練習する際に「事実関係」のみを話すことが重要です。親は子供に成功して欲しいと思っているので簡単ではありますが、できる限り行いましょう。

親が子供に伝えることと別の指導者が同じ内容を伝える場合では、違う意味を持ちます。たとえば、「もっと練習する必要がある」と言うことは否定的な意味合いを持ちます。しかし、「一緒に練習をしよう」と言った場合は子供たちに良い気持ちを与えます。このように、親子間では言葉使いにより気をつける必要があります。

懸念事項3. 練習ではできるが試合で結果を残せない

これは最も一般的でイライラする親の懸念の1つです。解決策は親の理解が必要です。野球では練習の場合と試合の場合では全く異なることを理解する必要があります。練習でボールを打ったり、守備したり、投げたりできていても、試合ですることはより難しいことを理解しましょう。また試合ではプレッシャーがかかります。これを練習で再現することは難しいです。そのため、練習でできていても試合でできないことは当たり前なのです。

懸念事項4.高い目標を持つ

子供をメジャーリーガーにする。プロ野球選手にする。という親の希望は隠す必要があります。このように思うことは表面的には良いことですが、プロ野球やメジャーリーガーにすることは、長年の練習と磨かれた才能を必要し、エリート選手のみが可能です。そのような目標を設定することは燃え尽き症候群を生んでしまいます。

両親は希望を隠し、非現実的な期待に注意する必要があります。目標を持つことは大切ですが、目標を持つのはプレーヤー自身であり、プレーヤーの努力と才能次第です。プレーヤーが夢を実現するためにできる限りのことをすることは素晴らしい子育てですが、同じ目標を望んでいないか、十分な才能がない子供に親の意見を押し付けることはできません。

懸念事項5. 子供に楽しんでもらいたい

「私たちは彼女/彼に楽しんでもらいたいだけです。」と親が思っている場合、両親は決してフォローアップ(指導)すべきではありませ

親が単に子供たちに楽しんでもらいたい場合、リラックスしてできる範囲で子どもたちを助けましょう。子供を指導することをやめる必要があります。子供を指導したい親は、子供たちに楽しんでもらいたいと主張するべきではありません。

最後に、親には、子供たちが一生懸命にスポーツし自分のベストを尽くすことを期待する権利があります。そこにはしばしば摩擦がありますので、上記の方法で乗り越えてみてはいかがでしょうか。親は、親がプレーしたてほしいスポーツではなく、子供がプレーしたいスポーツを探す必要があります。

最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です