良い野球コーチになる方法

この記事では良い野球のコーチまたは監督になるための鍵についてご紹介します。最も重要な11点のポイントをご紹介します。この記事を読むと、野球の良い監督・コーチに一歩近づくでしょう。

自らが選手としてプレーしていた人の場合、プレーヤーとして得た知識と経験は、チームを向上を得るために大いに役立ちます。また、プレイヤーといい関係を築き維持するのにも役に立つでしょう。しかし、自らの経験が仇となるケースもあるので、注意しましょう。学生時代に野球をプレーしたことがない人も良い野球の監督やコーチになるチャンスはあります。それは客観的な視点から野球を分析できるからです。

優秀なコーチはチームをしっかりと運営しています。成功したコーチとは、各選手に良い性格と公平で平等な待遇を示すコーチです。以下にいくつかの提案を示します。

1. プレイヤーについて個別に知りましょう。

選手に好きなチームや選手について質問してください。選手の好みや性格について知りましょう。彼らの友人であることと彼らの指導者であることの間の微妙な境界線を引いて下さい。友人のように彼らのことを知りますが、気持ちは仲良くなりすぎないようにしましょう。常に指導者の気持ちを忘れずに接しましょう。

2.選手を前向きな気持ちにしましょう

選手に前向きな言葉をかけましょう。そうすると、指導の場面で選手は前向きにコーチの言葉を受け止めてくれます。あなたは教師であり、チアリーダーでもあります。選手たちを応援する気持ちを持ちましょう。

3.プレイヤー信頼しましょう

プレイヤーのことを信頼しましょう。そして、褒めることをしましょう。そうすると、若い選手はコーチのために一生懸命働きプレーするでしょう。彼らがあなた(コーチ)を好まない場合、チームの士気は低下します。選手たちを信頼し、褒めることの効果は大きいですので、褒めるテクニックも学ぶ必要があります。

4. 選手からの質問を積極的に受け付けましょう

選手たちは時にコーチや練習内容、サインについて疑問を持つことがあります。その時に、選手からの質問を積極的に受け付けることが大事です。選手たちが何を望んでいるか、コーチに何を期待しているのかを尋ねることを恐れないでください。彼らの質問はあなたを驚かせ、啓発し、あなたがより良いコーチになるのを助けるかもしれません。若い選手たちへのコーチングを心から楽しんでいることを彼らに知らせてください。それは彼らとの重要な絆を築きます。練習後や試合後に質問を受け付けてみてもいいでしょう。

5.基本から始めること

プレイヤーの中にはゲームについてまったく知らない人もいるので、本当に若い選手がいる場合は基礎から始めてください。チーム全体がゲームの主なルールとパターンを理解したら、、いくつかの基本的なドリルを紹介します。これにより、各プレーヤーのスキルレベルがアップします。そして練習の重要性をチームに伝えましょう。

6. 試合の準備についてアドバイスしましょう

練習することと、実際の試合とは大きな差があります。そのため、練習と試合の間を無くすような練習をする必要があります。たとえば、バッティング練習のときにランナーをさまざまなベースに配置し、野手に状況に適したプレーをさせることなどが挙げられます。これは、プレイヤーにとって非常に貴重な経験となります。

7. 適切にスライディングするように子供に教えます

正しいスライディングはは、衝突やボールがランナーに当たるリスクを防ぐことができます。そのため、選手が安全に野球の試合をすることができます。ですので、怪我を防ぐためにも試合をする前にスライディング練習を徹底させましょう。

8「サイン」を導入する

試合中、相手チームに気付かれずにバッテングや走塁の戦術を伝える方法として、「サイン」があります。「サイン」によってマネージャーまたはコーチは、バント、ヒットアンドラン、スチール、ピッチアウト、またはその他のさまざまな指示をプレーヤーに伝えることができます。したがって、コーチは一連の動き(ユニフォームのさまざまな部分に触れるなど)を行い、事前に相手チームに知らせることなく、次のプレイ中にプレーヤーに何をしてもらいたいかを示します。打者とベースランナーは、サインが伝わったかどうかを応答することもあります。

9.試合前の準備

試合の前に選手たちに自信を持って、勝つことをチームに知らせてください。そしてプレーヤーが一生懸命プレイし、試合中は常に注意を払うことも伝えてください。さらにコーチは戦略と戦術について常に考えておきましょう。打順については、良い打者は、より上位の打順にしておきましょう

10夏場について

夏になって暑くなると、プレイヤーが野球への熱意を失う可能性があります。それは、コーチとしてのスキルが最も必要とされるときです。プレイヤーが自分の前のタスクに集中し、常にチームのために最善を尽くすよう奨励する必要があります。厳しい状況に陥っても、ベストを尽くすといい結果が出ることを選手たちに思い出させましょう

11. シーズンオフ

  • 優れた野球のコーチになるための最終段階は、その年を振り返り、チームのパフォーマンスと選手、コーチ自身のパフォーマンスを評価します。自分を鏡で見て、自分がチームのために最善を尽くしたこと評価するのは良いことです。
  • 来年再びコーチをする場合は、プレイヤーを称賛し、自信を強めるチャンスを逃さないでください。

最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です