少年野球コーチの6つの間違い

コーチは完璧ではありません。すべてのコーチは間違いを犯します。あなたは間違いを恐れるのではなく、間違いから学ぶことが大切です。以下に、青少年スポーツのコーチが犯したトップ6のミスをご紹介します。

間違い1:プレイヤーの失敗を責める

プレイヤーはプロの選手ではありません。そのため失敗やミスをすることもあります。ミスをした時に、ミスをしたことを責めると何の解決にもなりません。失敗から学ぶことが大切です。

間違い2:コーチとして学ぶことを止める

私が知っている最高のコーチは、コーチとして自分自身を改善する方法を常に探していた人たちでした。彼らは映画や他のチームのプレーを見みたり、専門家から学んだり、他のコーチに助言を求めました。選手と同様にコーチも学ぶことをやめてはいけません。

間違い3:みんなを幸せにしようとする

みんなを喜ばせることはできません。みんなを幸せにしようとすると、ストレスを感じるだけでなく、リーダーとしての影響力が薄れてしまいます。人を喜ばせる人は強いコーチングをできません。コーチはチームに最適なものにする事に集中してください。あなたがそれをする事ができないのなら、それができる人に統率を引き渡すことが最善でしょう。

間違い4:プロセスよりも成果に重点を置く

若者のスポーツでは、主な目的は勝つことではありません。成長とスポーツを楽しむことを第一目標にすべきです。勝利は間違いなく目標の一つです。しかし勝利を第一に追求すべきではありません。若者のスポーツは旅であり、若者の生活を形作るプロセスです。勝利第一ではそれらを無視する可能性がありますので、気をつける必要があります。

間違い5:選手を箱に入れる

選手の身長や兄弟などでポジションを考えていませんか?このように選手にラベル付けをするのは良いことではありません。すべてのアスリートは成長します。選手の成長の機会を奪うような指導はしないでください。選手たちの可能性を信じて、十分に機会を与えましょう。

そこでプレイヤーに複数のポジションを与えてあげましょう。1つのポジションのみをプレイさせることは大学やプロでは理解できます。しかし少年野球や中学野球では、子供に自分自身を伸ばすよう挑戦する必要があります。実際に他のポジションで花開く選手はたくさんいます、

間違い6:効率的にコミュニケーションをとらない

残念ながら、多くのコーチはコミュニケーションが悪いことで有名です。情報を分散させるのは良いことではありません。選手に何の説明もせずにスターティングラインナップから外したりしていませんか?説明する必要性を感じないかもしれませんが、説明することは非常に重要です。青少年スポーツの真の目的は子供の成長と発達です。そのため何を背景にコーチがその行動をとったか、理由を伝えることも重要です。選手と両親に十分な情報があれば、シーズンの対立を減らすのに大いに役立ちます。

最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です