はじめてコーチになった人のためのヒント【野球】

コーチとしての初日、どのように野球を教えるかは非常に重要な瞬間です。それはプレイヤーがあなたをコーチとして受け入れるかどうかを決める瞬間だからです。 シーズンの最初の練習に、この記事のヒントを使用して、チームを正しい軌道に乗せてください。

少年野球のコーチに初めて任命された人も、何十年もやっている場合でも、シーズンの最初の練習は大事です。新しい子供(および親)に会い、彼らが野球場のどこに合うかをすぐに見つけなければなりません。多くのコーチがシーズンの終わりまでに、子供がより良い選手としてまたは人としても成長してほしいと思っています。それを実行するためには最初の練習が非常に重要です。

本記事では素晴らしいスタートを切るためのヒントをいくつかご紹介します。

野球指導者の持ち物

最初に、最初の練習に持ち込むべき項目をご紹介します

  • 応急処置アイテム
  • チーム全体の水
  • バット、ボール、その他の野球のコーチング機器

最初の練習予定を連絡する

選手がはじめの練習に来れるように、チームの連絡先リストを作成しましょう。選手の親のメールアドレスでも良いのです。現在はLINEのグループを作成しているところもあるようです。また、Facebookグループを作成して、連絡事項や練習内容を配信してもいいでしょう。しかし、個人情報の取り扱いには十分気をつけましょう。以下の項目を事前に聞いておくと良いでしょう

・各プレーヤーの名前

・住所

・電話番号

・メールアドレス

これらを利用して簡単な自己紹介や今後の予定を送信することを検討してください。

親会議を開催する

最初の練習の前または練習後のいずれかで、両親と簡単な会議を開きます。これは間違いなく最も重要な部分です。以下の情報を検討することを検討してください。

  • 各子供が練習に必要な道具
  • 練習場所と練習場所への道順
  • シーズンの親の役割を割り当てます。例えば追加コーチの募集や練習の補助を行ってくれる人、練習場の運営まで、すべてが含まれます。
  • シーズン中にどの行動が許されないかを両親に知らせてください(スタンドからのコーチング、フィールドへの入場、アンパイアへのクレームなど)。
  • 子供たちを練習に連れて行くことの重要性を両親に伝えてください。練習しない人は、試合に出れないか試合にでる時間を短くする必要があることなど。
  • 両親に、子供のアレルギーや病状などを聞きましょう

最も重要なことは、子供たちはさまざまなスキルを持っていることを説明してください。内野手になる人もいれば、外野手になる人もいます。ピッチャーをする人もいれば、しない人もいます。あなたは各子供の成長を支援するために最善を尽くすが、特定のポジションにつくことは確定できない事と両親に伝えてください。

はじめの練習前に

すべての子供が練習場に到着したら、プレイヤーを集めて自己紹介します。あなたがどのくらいコーチしてきたか、野球の経験、そしてあなた自身についてのいくつかの楽しい事実(お気に入りのチーム、プレーヤー、憧れの選手、好きな食べ物など)を伝えてください。次に、アシスタントコーチ(コーチをしてくれる別の人)を紹介します。

次に、各子供に名前、年齢を言ってもらい、楽しい質問に答えてもらいます。短くて楽しいものにすると、子供たちが安心して過ごせるようになります。

野球の基本をカバー 

最初の練習は、野球の基本を学ぶのに最適な時間です。リーグや年齢層に合わせて野球のルールや基本動作を確認してください。野球をしたことがない子供がいる可能性があるので、それぞれのポジションについて数分かけて確認してください。

練習開始

練習前に簡単なストレッチをすると良いでしょう。静的なストレッチではなく動的なストレッチを検討してください。これは、子供たちにストレッチすることの貴重な教訓を教えるだけでなく、練習の日程を共有する機会も与えます。その日の予定を前もって子供たちに話さないと、彼らは次に何の練習をするか絶えずあなたに聞くことになります。そのため前もって練習日程を説明しておきます。

いくつかのウォームアップをドリルで行います。それは実際に練習を始めたり終わらせる素晴らしい方法です。

ストレッチの次の練習は何? 

初めて会う子供たちも多くいることから最初の練習では基本的なドリルに集中してください。

子供を4人または5人のグループに分けることを検討してください。各グループにコーチを派遣して、さまざまな基礎に取り組みます。フライボールのキャッチ、基本的な打撃は、練習の開始に適しています。

はじめの練習の終わり 

練習が終わるまえに数分かけて、その日に実際に行ったことを復習します。その中で1つの重要なポイントに注目して解説すると良いでしょう(例:スローイン、ゴロのとり方、バッティングなど)。

はじめの練習の前に、あなたができることは、スムーズで効率的な最初の練習を実行できるように、事前に計画を立てることです。練習計画を書き、練習の前にプレーヤーや親にそれを送ることを検討してください。このようにして、誰もが何をするべきか知ることができます。

最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です