守備妨害

ランナーは走路内を走っているときでも、ボールを持っているか、打球を捕球しようとしている、または送球受けようとしている野手にぶつかると「守備妨害」でアウトになります。

ただし、捕球や走塁など全く関係ない場所で野手とぶつかると逆に「走塁妨害」で1個以上の進塁ができます。

走者が打球に当たる

また、打球に当たってしまった場合も守備妨害でアウトです。

しかし、守備側が一度触れたボールにぶつかってもプレーは続行します。

最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です