【野球】塁間の長さは?MLB公式

■グラウンドの大きさ
グラウンドの大きさは野球組織により違います。以下が各組織の規格となります。
組織 投手版から
本塁までの距離
塁間 外野フェンス
までの距離
プロ野球
社会人野球
高校野球
一般軟式
リトルシニア
18.44m 27.431m 76.199m以上
(97.534m以上が理想)
ボーイズリーグ
(中学生部)
18.44m 27.431m 規定なし
ボーイズリーグ
(小学生部)
15.367m 22.86m 規定なし
少年軟式
(高学年部)
16m 23m 両翼70m、センター85m
少年軟式
(低学年部)
14m 21m 両翼70m、センター85m
リトルリーグ 14.02m 18.29m 60.95m以上
ソフトボール
男子
14.02m 18.29m 76.20m以上
ソフトボール
女子
13.11m 18.29m 67.06m以上
ソフトボール
(小学生)
10.67m 16.76m 53.34m以上

塁間の長さは?

27.431mです。

ちなみに、

少年野球学童部の高学年は23m、低学年は21m

リトルリーグは18.29m

ボーイズリーグは22.86m

になっています。

野球場(フィールド)の定義

野球の球場はまったく同じものではありません。しかし、特定の部分では均一でなければなりません。

内野は各辺(塁間)は27.43m (90フィート) の正方形である必要があります。外野はその正方形の2辺を延長することによって形成される2つのファウルラインの間の領域です。

ルールブックには、1958年6月1日以降に建設された野球場は、ホームプレートと最寄りのフェンス、スタンドまたはその他の障害物の左右のファウルラインとの間に99.06 メートル(325フィート)の距離が最低必要です。

ピッチャーのプレートは、ホームベースから18.44m離れた位置に24インチx 6インチの白くされたゴムのプレートでなければなりません。マウンドの傾斜は、ピッチャーのプレートから始まり、ホームプレートの方向に1.82mの間に、2.54cmずつ低くする必要があります。

最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です