ピッチングの距離はなぜ18.44m?簡単な歴史を紹介

■グラウンドの大きさ
グラウンドの大きさは野球組織により違います。以下が各組織の規格となります。このような日本の野球界では少年野球からプロ野球までで、ピッチャーとキャッチャーの距離は変わっていることがわかります。
組織 投手版から
本塁までの距離
塁間 外野フェンス
までの距離
プロ野球
社会人野球
高校野球
一般軟式
リトルシニア
18.44m 27.431m 76.199m以上
(97.534m以上が理想)
ボーイズリーグ
(中学生部)
18.44m 27.431m 規定なし
ボーイズリーグ
(小学生部)
15.367m 22.86m 規定なし
少年軟式
(高学年部)
16m 23m 両翼70m、センター85m
少年軟式
(低学年部)
14m 21m 両翼70m、センター85m
リトルリーグ 14.02m 18.29m 60.95m以上
ソフトボール
男子
14.02m 18.29m 76.20m以上
ソフトボール
女子
13.11m 18.29m 67.06m以上
ソフトボール
(小学生)
10.67m 16.76m 53.34m以上

なんで18.44mになったの?

18.44 m = 60フィート6インチです。

MLBでは1845年から1880年まで、ピッチング距離は45フィート(13.716 m)でした。しかし、1877年から1880年にカーブとスライダーが登場したため、ナショナルリーグの平均打率が.271から.245に低下しました。そして、三振の数はほぼ3倍になりました。

そして、1881年にピッチャーからキャッチャーまでの間隔は50フィート(15.24 m )になりました。初年度は打撃が活発になりましたが、その後ピッチャー有利な状態は変わらなくなりました。(その間にもストライクカウントを4に上げたりもしましたが、ピッチャーに有利な状態が続きました)

そして、1892年にピッチング距離は、18.44mになりました。

まとめ

このように、ピッチングの距離はピッチャーとバッターの関係を調節するため、変更が繰り替えされてきました。MLBの投手有利になると、今後さらにピッチャーとキャッチャーの距離は長くなるかもしれません。(事実として、ピッチャーとキャッチャーの距離は議論されています)

最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です