野球指導者ライセンス(資格)とは? -野球指導員になるためには-

1.野球指導者ライセンスの目的

野球指導者ライセンスは、野球の指導力(リーダーシップ)を向上させるための試験です。さらに、野球の普及および振興を促進するための指導者養成事業を実施することも目的です。野球指導者にとって、最低限の知識を習得し、野球指導の知識を証明することは非常に重要なことです。野球指導者の知識の向上は、野球を学び人全ての人の野球技術の向上に役立ちます。

現在、日本の野球球界は少年野球からプロ野球まで統一した組織はなく、野球指導が分断されています。このような組織体制では選手第一の野球の指導体制を取ることは難しく、コーチは勝利を第一の思想になる傾向があります。そこで野球指導者ライセンス協会は日本で初めての少年野球からリトルリーグ・シニアリーグ・中学野球・高校野球・大学野球・社会人野球・プロ野球・日本代表まで統一された野球指導の団体です。

2. 野球指導者ライセンス協会の会員登録について

野球指導者ライセンスの登録区分は少年野球(C級指導者ライセンス)から日本代表(S級指導者ライセンス)までのどれかに登録されます。資格を持つすべての指導者は、野球指導者ライセンス協会の会員として登録する必要があります。

3. 野球指導者ライセンス登録区分

本協会における指導者ライセンス登録区分(カテゴリー)は以下の通りです。
(1)S級コーチ(プロ野球, 日本代表)
(2)A級コーチ(高校軟式, 高校硬式、大学軟式, 大学準硬式, 大学硬式)
(3)B級コーチ(中学軟式, 中学硬式、シニアリーグ)
(4)C級コーチ(少年軟式, 少年硬式、リトルリーグ)

野球指導者ライセンスを取得する方法

Web試験に合格し、会員登録を行えば野球指導者ライセンスを取得することが出来ます。

野球指導者ライセンスを取得するまでの流れ

以下のような流れで野球指導者ライセンスを取得します。

1. 野球指導者資格試験を受験する

↓のリンクから野球指導者ライセンスを受験します。試験はインターネットに接続できる環境があれば、パソコン・スマートフォンで受験できます。制限時間はありません。回答は↓のリンクのフォームに書き込んで、回答が完了すれば送信ボタンを押して下さい。試験は何度でも受験できますので、お気軽に受験ください。何か質問等がございましたら、お問い合わせのリンクからお問い合わせください。

C級野球指導者ライセンス(少年野球、リトルリーグ)を受験する

B級野球指導者ライセンス(中学軟式, 中学硬式)を受験する

A級指導者ライセンス(高校軟式, 高校硬式、大学軟式, 大学準硬式)を受験する

S級ライセンスはC級B級A級に合格した人のみにアナウンスしております。

2. 合格発表

合格した場合でも、不合格の場合でもメールにてアナウンスしております。メールは受験の際に入力して頂いたメールアドレスに送信されます。合格・不合格の連絡が届かない場合は迷惑メールに届いていないか確認した上で、お問い合わせしていただければ幸いです。合否は3日から1週間程度で送信します。

合格の場合 → 3.証明書発行手続きへ

不合格の場合 → 1. 野球指導者資格試験を予約へ(何度でも受験いただけます。多くの方が何度も受験して、合格しますので、お気軽にご受験ください)

受験結果はメールにて報告します。

3. 証明書発行手続き

証明書発行手続きの手順をメールで説明します。 メールに記載されている指示に従うと、野球インストラクターのライセンスを取得できます。 ご質問がある場合は、お問い合わせください。

野球指導者ライセンスを取得できる条件

  • 野球指導者ライセンス試験に合格すること。
  • 合格のメールの手順に従って、野球指導者ライセンス協会に会員登録すること。

年齢や性別に制限はありません。 野球のコーチのライセンスは、野球のコーチングの知識がある人なら誰でも取得できます。

野球指導者ライセンス 交付手数料、受験料、登録費用

  • 受験料・・・無料
  • ライセンス登録費・・・2999円 / (1回の取得で5年間有効です)
最新のお知らせ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です