Pocket

①一塁までは最短距離で走る。

②ベースはホーム側を踏む。また、ライン側の角を踏む。これは、最短でベースにたどり着くためである。

③ベースを踏み終わった後は、体を反転させてすぐに二塁へいける体勢を整える。

一塁への駆け抜け