Pocket

やけど受傷後は、速やかに水道の流水で痛みが和らぐまで冷やす。冷却することで、痛みを和らげ、やけどの深さ、腫れ、感染、手術の必要性が低下する。

ただし、氷や氷水での長期間にわたる冷却はかえって、害になることもある。

広範囲にわたるやけどに対し、冷却を持続すると過度の体温低下をまねく可能性があるため、10分以上の冷却は避ける。

水ぶくれは傷口を保護する作用があり、潰れないようにそっとガーゼなどで覆って医療機関を受診する。