Pocket

直接圧迫止血法

大出血の場合には迅速かたう適切な止血ができないと命の危険がある。市民には出血部をガーゼや布などで直接に圧迫する方法(直接圧迫止血法)が推奨される。

まず、出血部位を確認したら、ガーゼやハンカチ、タオルなどを重ねて出血部位にあて、その上を圧迫止血する。このとき、出血部位を確実に抑えることが重要である。

血液に触れることによる感染の危険性があるため、出来る限りビニール手袋やビニール袋を使用する。