Pocket

子どもの筋トレ

4.思春期前の子どもにおける筋力トレーニング

一般に、筋力トレーニング効果が顕著化するのは、男性ホルモンなどの分泌が活発になる思春期以降であるとされてきたが、最近では思春期前の子どもにおいても筋力トレーニングが筋力増加に有効であることが明らかにされている。

しかし、筋力トレーニングによって強い負荷がかかり、関節などの骨格系器官の成熟過程にある児童の身体に障害を引き起こす危険性を併せ持つことを考えると、特に伸長性収縮を伴う動作様式でのトレーニングをしないなど、実施にあたっての配慮が必要である。