Pocket

デッドボールは、ピッチャーの投げたボールがバッターの体の一部に当たった場合に出塁を許されるものです。

ただし、ボールにわざと当たったり、向かってくるボールからよけれなかった場合は認められず、球審がその投球のコースで判断してストライクかボールとコールするだけです。